通常の外為取引の情報では「損が生まれた状況ではナンピンすることで平均の価格をコントロールする」等と書かれていると思いますが現実的にはこれはかなり大きな危険があります。ベッド周り収納

まず最初に、ナンピン買いの原理についてとても簡単に述べます。リンクス 仙台

例として1ドル100円でドルを買ったとします。ピノキオ薬局の薬剤師募集はココ

ドル買いだから、ドル高になるほど利益が出るわけだが、不幸にして1ドルが95円まで円高ドル安が進んでしまったとします。ピアノ 処分

このまま保持し続けたとしたら損失が回復するまでには、ドル安になった分円安ドル高に動く必要があります。ミドリムシでアレルギー改善

誰でも、損失は早急に無くしたいと願うだろう。花蘭咲 育毛剤

この状況を乗り切るため最初にエントリーしたのと同じ額の$を、1ドルを95円で買い増します。シボヘール 口コミ

これで、ポジションの平均の買い付け価格は97円50銭まで引き下げることができます。

2円50銭の幅で円安に進めば、赤字を取り戻す事が出来ます。

この流れがナンピンの仕組みです。

ナンピンのロジックを目にすると「まちがいない」と考えるがそう簡単には思い通りにはいきません。

元々、1ドル95円より下がらないとは、分かるわけがありません。

仮に、相場が相当に強いドル安トレンドであれば1ドル95円では収まることなく一段のドル安が進むリスクがある。

仮に、1ドル97.50円でナンピン買いをした時に1ドル95円まで円高ドル安になったとしたらナンピンをしたポジションも、差損が生まれることになってしまいます。

これでは、初めにエントリーしたドルと合計で倍の差損を被ります。

この例のように、ナンピン買いは難解です。

それでは、マーケットが筋書きとは逆の方向にさっさと向う場合、どんな手段で危機をコントロールすればいいのでしょうか。

この場面では選ぶべき方法は2つ。

ひとつは潔く、ポジションを閉じる事です。

もうひとつの選択肢としては、その段階で、自分か保有しているポジションを少なくして、もう一回相場がリカバリするのを大人しく待つことだけです。

相当主体性のないやり方だと感じる投資家もいます。

だけど、所有しているポジションに差損が生じた場合一番有効な手法はそれ以外にはありえません。

なるほど、理屈の上ではナンピン買いを入れるという対策も効果的です。

しかしながらナンピン買いは、自分か損をしている場面にもかかわらず、買いポジションを無くすどころか、逆にポジションを買い増していく考え方です。

この方法では、リスクを管理することなど、とても不可能だと考えるべきです。

ナンピンを続ける事ができればやがては勝てるかもしれません。

だがしかし、それ以前にお金は無くなってしまいます。