どこにでもあるはじめたばかりの人向けのFX投資のテキストでは「損失を被った場面ではナンピンを入れることによってポジション全体の買い付け価格を下げることができる」などと述べられていたりしますがそこには危険が隠れています。ハーブガーデンシャンプー

まずは、ナンピン買いの原理に関して手短に述べます。

たとえば、1ドル=100円でドルを買ったとします。

ドル買いなので円安に向うほど黒字を得られますが、反対に1ドル95円まで円高ドル安に振れてしまったとします。

このままの状態で保持し続けたとしたら、損失が回復するまでには円高になった分ドル高に向わなければなりません。

誰もがみんな、損はなるべく早く回復したいと願います。

それを解決するため最初に注文したのと同じ分のドルを、1ドルを95円で買います。

そうしたら、平均の単価は97円50銭まで安くする事が出来ます。

結果として、半分の幅で円安が進行すれば、赤字を取り戻す事が出来ます。

この流れがナンピンの手法です。

ナンピンの原理をみると、「なるほど」という気分になるが、相場は簡単には上手くはいきません。

最初から、95円が下限だとということなど誰一人として分かるはずがありません。

例として、相場がかなり強い円高トレンドだとすると、95円では収まることなくさらに円高に向うリスクはあります。

ひとつの例として、1ドル97.50円でナンピンを入れたにもかかわらず、1ドル95円まで円高ドル安に向ったらナンピン買いした分にも、差損が生じてしまいます。

これでは、最初に売買したドルと合わさって、2倍の損を被ります。

それゆえ、ナンピンは大変です。

それなら、市場があなたのストーリー展開とは逆の方向にさっと行ってしまった場合どの術で危険の確率を軽減すればいいのだろうか。

こういう状態で取れる道は2つ。

まずはじめは潔く、損切りをする事です。

別の方法としてはその時に、あなたが保持している買いポジションを少なくする事によって再びマーケットが元のようになるのをひたすら待つことだけです。

後ろ向きな方法だと感じる方もいるだろう。

けれども、持っている買いポジションに為替差損が出た時、最も適切な手法はこれ以外には考えられません。

なるほど、ロジックとしては、ナンピンという術もあるように思えます。

だがナンピン買いは、自分自身が損をしている状態で、ポジションを整理するどころかそれとは逆に買いポジションを積んでいく方法です。

この対策では、危機を回避することなどどこをどうやってもできないと思うべきです。

ナンピン買いをし続けられればいずれは儲けが出るかもしれません。

しかし、それより前に資金は足りなくなってしまいます。