自動車重量税、通称重量税は、国産自動車あるいはアメ車等自動車の生産している国やプラグインハイブリッド車、ハイルーフ車というような自動車の形状も全て同じで、たとえばニッサンやボルボ、などにも普通に納付しなくてはいけないもののことをいいます。仁丹 ビフィズス菌

新車を登録する際あるいは車検の際に支払う必要があるものです。http://xn--eckfe3dl2fxe5e2c7452fdmh.pw/

納付税額はそれぞれの車の重さにより決められています。ディナーショーに着ていく服

「自動車重量税」と「自動車税」は完全に違う税なので、きちんと理解をして勘違いしないようにしてください。http://isika.shop-worlds.com/

「自動車重量税とは自動車の重量毎に」「自動車税とはクルマの総排気量で」その額が変わってきます。愛され葉酸

それにより、買い取りの際の扱われ方違いますし、注意が必要です。

クルマを手放すときには既に支払った額がどれだけ残っていた場合でもその額が戻ってくるようなことはないのですが、一方自動車税であれば、既に納めた金額を売却額に上乗せしてくれるといったことがなくはないですが、重量税については足されるようなケースはあまりないでしょう。

重量税は、すでに支払い済みの額が残存しているからと言って自動車買い取り店にてそのことが忖度されることは少ないのです。

ですので次回の支払いつまり車検に出すまで待機してから買い取りを依頼するというのが一番良いです。

買取時は考慮されない重量税ですが特別な場合だと返ってくることもあるのです。

それは車検が残っている車を廃車にしてしまう時です。

要するに抹消登録をした際に、残っている期間に応じて金額が還付されます。

ただし中古車売却の際はその自動車が廃車になるのとは違うので戻ってきません。

それに、自動車の名義を変更してしまった時や盗難された際も還付してもらうことは不可能です。

自動車重量税の残存期間がある自動車を売却するというのは車検の効力が残っている自動車ということになります。

それを買取店も考慮しますので、自動車重量税の残存期間があれば査定額が上乗せされることでしょう。

当然査定額は店により変わりますが車検が残っている事実を考慮していただければ、自動車の買取金額からみるとそこまで払い損ということもありません。