為替介入(外国為替市場介入)というものをご存知でしょうか?日銀が介入して新聞記事、テレビ番組、インターネットなどの報道で見た人もたくさんいるでしょう。

そもそも為替の介入は日本では、・大臣(財務大臣)為替の安定を実現させるために使う方策と位置づけられています。

簡潔に言えば、極度の円高もしくは円安の時に財務大臣の命令のもとに日銀が円を取引することで為替のレートを安定させる、ものです。

為替介入(外国為替市場介入)にはいくつか種類があるのです。

1.単独介入・・・政府・中央銀行(日本銀行)が、東京市場で自らが市場に加わり為替の介入をする。

2.協調介入・・・多くの銀行などが話し合ったうえで各々の銀行などが金を以て同じタイミングもしくは引き続いて為替介入(外国為替平衡操作)を行なっていく。

3.委託介入・・・他国の通貨当局に為替介入(外国為替平衡操作)を託す。

4.逆委託介入・・・日本銀行が海外通貨当局に代えて為替の介入を執行する。

以上のような種類があるのです。

どの方法の外国為替平衡操作(為替介入)も一時、またはしばらくの間為替の市場に多大な影響力を与えます。

外国為替平衡操作(為替介入)の額は当然ですが威信をかけているのですからスケールが大きいです。

円を元に説明すると、普通は数銭ごとに変化している相場が数円単位の変化をします。

個人で投資をしている人ならば一度くらいは経験していると考えますが、今までは期待通りに利益(または損失)が増えている保有高を持続していたところ、保持している持ち高が決済しましたという報告が外為の会社よりEメールが来ました。

どのくらい利益が出たのかな(損したのかな)?と考えながら決済された情報を見ると自身が予想していた事とは逆の内容で息を飲んだとの例がよくありました。

外国為替市場介入(為替介入)が行なわれるとよく聞く話です。

こういったことから為替介入(外国為替平衡操作)が実施されることで、為替市場の傾向と反対の動きをすることがわかります。

それだけでなく動く金額の大きさは非常に大きく変動するため注意が必要です。