外国為替市場介入(為替介入)は聞いた事がありますか?日銀が為替介入をして新聞記事、テレビ番組、ネットなどの報道記事で目にした方もたくさんいると思います。http://webmania.to

元より外国為替平衡操作(為替介入)といえば我が国の場合、大臣(財務大臣)為替の安定化を保つように施行する手法として評価されています。

簡潔に言えば、激しい円高または円安になった際に財務大臣の命令をもとに中央銀行(日本銀行)円を売買することで相場を安定させるものを言います。

外国為替平衡操作(為替介入)には種類があるのです。

1.単独介入・・・行政機関もしくは中央銀行(日本銀行)が、東京での市場の中で自らが市場に入って外国為替市場介入(為替介入)をする。

2.協調介入・・・多くの通貨当局が協議のうえで、各通貨当局の持っているお金を使ってみんな一緒にないし続けて為替の介入を行なっていく。

3.委託介入・・・外国の銀行などへ介入を任せる。

4.逆委託介入・・・日本銀行が海外通貨当局に代えて介入を執行する。

こういった方法があります。

どのケースの為替の介入も一時、継続的に為替市場に大きな影響力を与えるでしょう。

外国為替平衡操作(為替介入)の額は当たり前ですがプライドをかけているのですからスケールが違うのです。

円を例にしてみると、通常は数銭ずつ変動している円レートが数円単位の動きをします。

投資家の方であれば一度くらいは体験したことがあると推測できますが今まで順調に利益(あるいは損失)が多いポジションを持続していたのに、保持している保有高が決済しましたとの内容の連絡がFX業者よりEメールが届き。

利益が出たのかな(赤字になったのか)?と思いつつ決済後の状況を見たら、自ら予想していた結果とはまったく反対の結果となってしまい目が点になってしまうといったことがよくありました。

為替介入が行なわれるとよくある話です。

こういったことから介入を行うと為替の動向と正反対の動向をするものです。

それだけでなく動く金の範囲はものすごく大きく大きく変動しますので気をつける必要があります。